読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説の浮かぶ空

日々読んでいく小説の感想を自由気ままに綴っていきます。

パプリカ  筒井康隆 著

 

パプリカ (新潮文庫)

パプリカ (新潮文庫)

 

 

あらすじ

”精神医学研究所に勤める千葉敦子のもうひとつの顔は〈夢探偵〉パプリカ。患者の夢を共時体験し、その無意識へ感情移入することで治療をおこなうというものだ。巨漢の天才・時田浩作と共同で画期的サイコセラピー機器〈DCミニ〉を開発するが、ノーベル賞候補と目されたことで研究所内には深刻な確執が生じた。嫉妬に狂う乾副理事長の陰謀はとどまるところをしらず、やがてDCミニをめぐって壮絶な戦いが始まる!現実と夢が交錯する重層的空間を構築して、人間心理の深奥に迫る禁断の長篇小説。”

 

The First Line

”時田浩作が理事室に入ってきた。”

 

筒井康隆著、『パプリカ』を読みました。

 

 

今までに読んだことないような、斬新で精密な小説。

アニメが評価されているのを知り、それを観る前に読んでおこうと読んでみた。ここまで緻密でSF空間を文章で作り出せることに感動した。ほんとすごい。すごすぎて、時々ついていけなくなる。設定から舞台から、すべてが今まで読んできた小説とは少し違って、とても新鮮やった。

夢をテーマとしているからか、この小説を読んでいた数日間、特に眠気が強くて何度もうたた寝した。けっして小説が面白くなかったとかそんなんではなくて、読んでいる僕までが夢の世界に引っ張られるような感覚におそわれた。人間の身体の不思議かな。寝た後も、夢をいつも以上に覚えてたり。

胡蝶の夢」という話が昔からあるように、夢の世界って昔から現実から手の届かないところにあって幻想的である一方で、意外とそっちも現実だったり。こんなん考え出したらきりがないし頭おかしくなりそうやけれど、夢の世界で生きられたらそれはそれで面白そう。僕は、夢の世界が本当の現実って時々思うようにしてる。実際夢のことが現実に来たら怖いけれども。

早速映像でパプリカ観てみます。

 

好み: ★★★★☆☆