読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説の浮かぶ空

日々読んでいく小説の感想を自由気ままに綴っていきます。

魔女は甦る  中山七里 著

 

魔女は甦る (幻冬舎文庫)

魔女は甦る (幻冬舎文庫)

 

 

あらすじ

”元薬物研究員が勤務地の近くで肉と骨の姿で発見された。埼玉県警の槇畑は捜査を開始。だが会社は二ヶ月前に閉鎖され、社員も行方が知れない。同時に嬰児誘拐と、繁華街での日本刀による無差別殺人が起こった。真面目な研究員は何故、無惨な姿に成り果てたのか。それぞれの事件は繋がりを見せながら、恐怖と驚愕のラストへなだれ込んでいく……。”

 

TheFirst Line

”それを目にした瞬間、槇畑啓介は思わず顔を背けた。”

 

中山七里著、「魔女は甦る」を読みました。

 

 

本格サスペンスかなと期待して読んでみると、まぁびっくり裏切られた。

第2章までは、典型的な刑事物の内容で展開されていて、上下関係や過去の回想というあるあるパターンで事件に臨んでいた。しかし最後の1行、犯人が指摘された時はその斬新さと斜め上感故、逆にラストの展開に期待してしまった。正直に言うと、ラストはCG感満載のアクション映画さながらな展開。でも、まさかね、、、と思いつつ読み進め、そのまま終わってしまった。拍子抜け。

僕が刑事物を嫌う理由は、キャリアなどの上下関係に焦点当てられることに飽きた点と、過去を引きずる点、そして、格好つける点故である。見事に3つとも含まれていて、でも先が読めないからまだ途中までは楽しめた。

中山七里さんの小説、当たりはけっこう面白い小説で個人的に嫌いやないねんけどな。

薬物、ダメ、ゼッタイ。

 

 

好み: ★☆☆☆☆☆