読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説の浮かぶ空

日々読んでいく小説の感想を自由気ままに綴っていきます。

旅のラゴス  筒井康隆 著

 

旅のラゴス (新潮文庫)

旅のラゴス (新潮文庫)

 

 

あらすじ

”北から南へ、そして南から北へ。突然高度な文明を失った代償として、人びとが超能力を獲得しだした「この世界」で、ひたすら旅を続ける男ラゴス。集団転移、壁抜けなどの体験を繰り返し、二度も奴隷の身に落とされながら、生涯をかけて旅をするラゴスの目的とは何か?異空間と異時間がクロスする不思議な物語世界に人間の一生と文明の消長をかっちりと構築した爽快な連作長編。”

 

The First Line

”放浪する牧畜民族の集団に加わるのは初めての体験だった。”

 

筒井康隆著、「旅のラゴス」を読みました。

 

 

口コミで人気爆発と聞いて前から気になっていた小説、ついに手に取ってみた。

今まで読んできた小説とは一味違った世界観。最初はとっかかりにくかったけど、読めば読むほど味が出る。この世界観にはまってる自分がいた。

すごくテンポが速くて、若かったラゴスも気づけば老人に。その間の旅の内容の厚さは計り知れない。

成り行きに身を任して、でもそこで生き抜いて逆に成功するラゴスの魅力とは。この物語中、どんな局面に立たされても常に誰かに愛されてラゴスの周りには支えがある。これってすごいこと。

ラゴスの旅の目的、何だと思いますか?これ、視点を変えればすごく純情な物語やと僕は思う。

知識を得る豊かさ、成り行きに適応する器の大きさ、そして人を愛する素晴らしさをこの小説から学びました。

 

 

好み :★★★★★☆