小説の浮かぶ空

日々読んでいく小説の感想を自由気ままに綴っていきます。

女のいない男たち 村上春樹 著

あらすじ

〈これらを書いている間、僕はビートルズ「サージェント・ペパーズ」やビーチ・ボーイズの「ペット・サウンズ」のことを緩く念頭に置いていた。 〉と、著者が「まえがき」で記すように、これは緊密に組み立てられ、それぞれの作品同士が響きあう短編小説集である。絡み合い、響き合う6編の物語。村上春樹、9年ぶりの短編小説世界。

 

The First Line

〈ドライブ・マイ・カー〉”これまで女性が運転する車に何度も乗ったが、家福の目からすれば、彼女たちの運転ぶりはおおむね二種類に分けられた。”

〈イエスタデイ〉”僕の知ってる限り、ビートルズの『イエスタデイ』に日本語の(それも関西弁の)歌詞をつけた人間は、木樽という男一人しかいない。”

〈独立器官〉”内的な屈折や屈託があまりに乏しいせいで、そのぶん驚くほど技巧的な人生を歩まずにはいられない種類の人々がいる。”

シェエラザード〉”羽原と一度性交するたびに、彼女はひとつ興味深い、不思議な話を聞かせてくれた。”

〈木野〉”その男はいつも同じ席に座った。”

〈女のいない男たち〉”夜中の一時過ぎに電話がかかってきて、僕を起こす。”

 

村上春樹著『女のいない男たち』を読みました。

 

 

久々に村上春樹さんの小説読んだ。

村上春樹さんの作品は、決して起承転結がはっきりとしているわけではなくて、日常を切り取った物語やから、ミステリのようなインパクトのある結末にはならないけれど、それが良い。その日常の一コマに、愛や友情などの人間性が詰め込まれていて、それを楽しむ高度な物語ばかり。

今回もそんな感じで、むしろ今まで以上に物語ひとつひとつは写真のようにありのままが写されていた。「女のいない男たち」と言う題名は、まさにその通り。

個人的には、『イエスタデイ』がお気に入り。好きやのに、友だちすぎて性にこだわらない姿勢。めっちゃ共感できる。付き合う=性交という安易な考え方に違和感を覚えている僕にとったら、この木樽の姿は自分を見ているよう。とても切なくなった。

不倫が世間を賑わしている今日この頃。その核にあるストーリーを見ていければ、視聴者としても楽しめる。

めったにない村上春樹さんの「まえがき」にも注目。

 

 

好み: ★★★★☆☆

 

女のいない男たち (文春文庫 む 5-14)

女のいない男たち (文春文庫 む 5-14)

 

マリオネットの罠 赤川次郎 著

あらすじ

””私の事を、父は「ガラスの人形」だと呼んでいた。脆い、脆い、透き通ったガラスの人形だと。その通りかもしれない”……森の館に幽閉された美少女と、大都会の空白に起こる連続殺人事件の関係は?錯綜する人間の欲望と、息もつかせぬストーリー展開で、日本ミステリ史上に燦然と輝く赤川次郎の処女長篇。”

 

The First Line

”茅野から小淵沢にかけての一帯は、その夜、濃霧のような秋の雨に包まれていた。”

 

赤川次郎著『マリオネットの罠』を読みました。

 

 

ずっと気になってた赤川次郎さんの長編処女作ようやく読めた。

1冊の物語とは思えないほど内容が凝縮されて、章ごとに違う小説読んでる感じになったけれど、それが最後には繋がってとても面白かった。冒頭の入りからの1章で一つの結末を迎えて、それが次章へと続く。

 物語としてここまで満腹になれることそんなにない。でも、正直結末は少し腑に落ちない。結末そのものはそれでいいんやけれども、どこか無理やりさというか荒っぽさがある。これが赤川次郎さんの処女作やからまだ納得やけれど、これが無名の作家さんの小説やったら嫌いになってたやろな。

愛ってなんなんやろ。こわいね。

 

 

好み: ★★★★★☆

 

新装版 マリオネットの罠 (文春文庫)

新装版 マリオネットの罠 (文春文庫)

 

 

 

四畳半王国見聞録 森見登美彦 著

あらすじ

”「ついに証明した!俺にはやはり恋人がいた!」。二年間の悪戦苦闘の末、数学氏はそう叫んだ。果たして、運命の女性の実在を数式で導き出せるのか(「大日本凡人會」)。水玉ブリーフの男、モザイク先輩、凹氏、マンドリン辻説法、見渡すかぎり阿保ばっかり。そして、クリスマスイブ、鴨川で奇跡が起きるーー。森見登美彦の真骨頂、京都を舞台に描く、笑いと妄想の連作短篇集。”

 

The First Line

”諸君!諸君と言っても誰もいないのだが、しかし余は断じて諸君と呼びかけよう。”

 

森見登美彦著『四畳半王国見聞録』を読みました。

 

 

森見節大炸裂の1冊。

森見さんの小説を読むと、毎回同じ気持ちになる。笑いあり若干の切なさあり。京都の良さと大学生の阿保さを感じたいがためだけに読んでると言っても過言ではない。

僕の行ってた大学にも、そんな裏の組織とか深海の生活があったんやろか。四畳半って狭いけれど、森見さんの物語に出会ってから憧れの対象になってる。実際は6畳+ロフトの1Kを選んだけれども。

森見さんの物語に出てくるキャラクターは、どれも一貫して阿保で、物語を越えて同じような人たちが出てきて、話繋がってるのかなと思ってしまうほど雰囲気が同じ。やのに、全く飽きない。そして、定期的に読みたくなる。

大学生でもっと阿保しててもよかったな。

 

 

好み: ★★★★☆☆

 

四畳半王国見聞録 (新潮文庫)

四畳半王国見聞録 (新潮文庫)

 

蝉しぐれ 藤沢周平 著

あらすじ

朝、川のほとりで蛇に咬まれた隣家の娘をすくう場面からはじまるこの物語、舞台は藤沢読者になじみ深い海坂藩である。清流と木立に囲まれた城下組屋敷。淡い恋、友情、そして悲運と忍苦。ひとりの少年藩士が成長してゆく姿をゆたかな光の中で描いたこの作品は、名状しがたい哀惜をさそわずにおかない。

 

The First Line

海坂藩普請組の組屋敷には、ほかの組屋敷や足軽屋敷には見られない特色がひとつあった。

 

藤沢周平著『蝉しぐれ』を読みました。

 

 

初めて時代小説読んだけれど、めっちゃ面白かった。

海外文学読むとき、時代背景とか土地勘とかカタカナ名とかが頭に入らなくて正直苦手で、時代小説もそんな感じかなと読まず嫌いやったけれど、スッと頭に入ってきて読みやすかった。

一つの物語に全ての感情が詰め込まれてる。ほのぼのあり、友情あり、恋あり、切なさあり、悲しさあり、男気あり。ページを繰るのが楽しかった。

時代ごとに生活環境は全く違えど、思うこと感じることは共通することが多いんやなと思った。ただ、江戸時代はとても温かい。人とのつながりや、義理と人情をとても感じられて、憧れさえした。心が豊かな時代やったんやろな。

文四郎の成長を追って、とても男らしくなる姿がなんとも愛おしくたくましい。見習わなあかんものがある。

ただ、心に想う人が他人と結ばれてしまう、この哀しさは感じたくない。もしも自分やったらと思うと、、、やってられない。

 

 

好み: ★★★★★★

  

蝉しぐれ (文春文庫)

蝉しぐれ (文春文庫)

 

ノクチルカ笑う 柴村仁 著

あらすじ

死体って、光るのかな。文化祭の準備中、お化け屋敷の人形を見て呟いた女子の一言を、沖津は聞き逃さなかった。人をつっつくこと、陥れることが趣味のイケメン沖津は、人形を作った美術部男子が光る死体の秘密を知っていると勘づく。美術部教師には卒業生の由良彼方が着任中。「由良シリーズ」待望の新作。

 

The First Line

ふっ。思わず笑いが漏れた。

 

芝村仁著『ノクチルカ笑う』を読みました。

 

以前『プシュケの涙』で由良シリーズにハマって、今回読んでみた。

今回も舞台は高校で、文化祭を目前に控えた生徒たちの様子が繊細に描かれてる。生徒たちのあどけなさや明るさと同時に、不気味さや緊迫感が混じっていて、学園祭前って少なからず自分もこんな感じやったかなと思い出してしみじみとしたり。

最初は高校生の心情を追うだけかと思ったけれど、結末がとてもゾッとした。個人的には。2人の高校生の明と暗が話の中心やけれど、その「暗」がなんとも言えない不気味さ。それには期待してていいと思う。

高校時代って、ほんとかけがえのない一瞬で、色んな感情が渦巻きつつも、それすらが輝いている。いいな。

高校時代に戻りたい。

 

 

好み:★★★★☆☆

 

ノクチルカ笑う (講談社文庫)

ノクチルカ笑う (講談社文庫)

 

 

 

ジェノサイド 高野和明 著

あらすじ

〈上〉イラクで戦うアメリカ人傭兵と、日本で薬学を専攻する大学院生。まったく無関係だった二人の運命が交錯する時、全世界を舞台にした大冒険の幕が開く。アメリカの情報機関が察知した人類絶滅の危機とは何か。そして合衆国大統領が発動させた機密作戦の行方はーー人類の未来を賭けた戦いを、緻密なリアリティと圧倒的なスケールで描き切り、その衝撃的なストーリーで出版界を震撼させた超弩級エンタテインメント、堂々の文庫化! 

 

〈下〉研人に託された研究には、想像を絶する遠大な狙いが秘められていた。一方、戦地からの脱出に転じたイエーガーを待ち受けていたのは、人間という生き物が作り出した、この世の地獄だった。人類の命運を賭けた二人の戦いは、度重なる絶体絶命危機を乗り越えて、いよいよクライマックスへーー日本推理作家協会賞山田風太郎賞、そして各種ランキング首位に輝いた、現代エンタテインメント小説の最高峰。

 

The First Line

移り住んだ豪邸での生活は、何年経っても慣れるということがなかった。

 

高野和明著『ジェノサイド』を読みました。

 

 

大冒険がようやく完結した。

上下巻にわたって時間かけて読んできたけれど、まったく飽きずに最後まで楽しめた。これほどまでに壮大な物語に出会ったことない。

この小説は、正直現代ではあり得ないSFという前提があるから、どんな局面になっても興ざめすることなくて、むしろその展開を欲してる自分がいた。でも、そう遠くない未来にこんな出来事が起こるかもって思った。もしかしたら、もう起こってるのかも。

これって、宇宙人がいたら、、、と状況的には似てて、その考え方がもろ反映されている。敵とするか味方とするか。ピアースのような人がいてくれたら、幸せな解決に至れるかな。

アフリカで起こっていることって日本にまでは届いてなくて、日本人ももっと知るべきやと思うし、そして人類という単位で一つになるべき時であるのかも。

戦争、ダメ、ゼッタイ。

 

 

好み: ★★★★★☆

 

ジェノサイド 上 (角川文庫)

ジェノサイド 上 (角川文庫)

 
ジェノサイド 下 (角川文庫)

ジェノサイド 下 (角川文庫)

 

 

 

思い出のとき修理します 4 谷瑞恵 著

あらすじ

不仲に思えた両親の絆、亡き妻への秘めた思い……時計店には今日も人々の「思い出」が持ち込まれる。そんな中、秀司が作ってくれているドレスウォッチの完成が近いと聞き、喜びとともに複雑な気持ちになる明里。秀司の元に、スイスの時計工房から手紙が届いているらしいからだ。ともに商店街で暮らす未来を夢見つつ、本当は秀司がスイスで修行を続けたいのではないかと悩み……。ついに完結!

 

The First Line

少女は社務所の軒下に座り込んでいた。

 

谷瑞恵著『思い出のとき修理します4』を読みました。

 

 

大好きなシリーズ完結編。このシリーズに初めて出会った時はその優しい余韻にしばらく浸っていて、街で時計店を見かける度に物語を思い出して、今回読んだ時その時の感情がよみがえってきた。いい余韻に包まれている。まだ読み続けたいと思える小説。

ただ、なぜか谷瑞恵さんの小説読んでると、情景描写がしにくい。

時計ってただ時を知らせるものではあるけれど、たとえ同じ時計でも持ち主それぞれの時は違っていて、時計一つ一つに物語があることにとても気付かされると同時に、自分自身の時計への想いもこのシリーズに出会ってから変わった。

明里と秀司みたいなカップルすごく憧れるし、この寂れた商店街の温かさもすごく憧れる。こんなとこ住めたら、心地よいやろな。

思い出の時を刻む時計を大切にしよう。ともに時を刻む相手を大切にしよう。

 

 

好み: ★★★★★☆

 

 

 

夜宵 柴村仁 著

あらすじ

日が暮れてから湖の小島にひっそりと立つ細蟹の市。国宝級のお宝、非合法なもの、生き死にの区別なく人間さえ売られ、お面をつけた異形の者が跋扈する。その異世界に迷い込んだ記憶喪失の少年カンナは市守りのサザに助けられる。自分は果たして何者なのか。甘美な悪夢に読者を誘うファンタジック・ホラー。

 

The First Line

提灯の赤が黒々とした水面に揺れている。

 

柴村仁著『夜宵』を読みました。

 

 

久々にファンタジー小説を読んだ。前に読んだ『プシュケの涙』で柴村仁さんの小説に興味を持って読んでみた。

正直ファンタジーは映像で観たいなー派の立場やけど、やっぱりやった。ただ、小説でも十分楽しかったし、だからこそ映像でどうなるか気になる。異世界で少し不気味で、でもその中に日常と共通する感情があって、遠いようで近い物語やった。

ゴーストタウンのイメージが、台湾の九份と少し重なってそれで進めてたからか、好きな雰囲気やった。行ってみたいなと少し思った。

柴村仁さんの小説は感情の中に闇を含めながらもストレートで、とても繊細なんかな。もっと読みたい。

 

 

好み: ★★★☆☆☆

 

 

夜宵 (講談社文庫)

夜宵 (講談社文庫)

 

仮面病棟 知念実希人 著

あらすじ

療養型病院に強盗犯が籠城し、自らが撃った女の治療を要求した。事件に巻き込まれた外科医・速水秀悟は女を治療し、脱出を試みるうち、病院に隠された秘密を知るーー。閉ざされた病院でくり広げられる究極の心理戦。そして迎える衝撃の結末とは。現役医師が描く、一気読み必至の〈本格ミステリー×医療サスペンス〉。著者初の文庫書き下ろし!

 

The First Line

秒針が時を刻む音が、六畳ほどの空間にやけに大きく響く。

 

知念実希人著『仮面病棟』を読みました。

 

 

『屋上のテロリスト』で知念さんの小説に興味を持って、本屋の店頭に並んでるのを前々から気になってたこともあり手に取ってみた。

一言で言えば、既視感。この小説、前も読んだことあったっけと思うほどけっこうありきたりな内容で、期待は上回らなかった。

籠城と化した病院の秘密が徐々に暴かれ、ピエロの意図も見えてきて、そしてクライマックス。なんとなく、結末は見えてた。小説読み過ぎの弊害かな。確かに緊迫感あってページ繰るペースは遅くなかったけれど、一方で拭いきれない既視感。まぁ、面白くないことはない。この類の内容で大きくはずれることはない。

心理戦を期待というか、秘密は何かと追う方に注目すればいいかなと。

 

 

好み: ★★☆☆☆☆

 

 

仮面病棟 (実業之日本社文庫)
 

 

 

六の宮の姫君 北村薫 著

あらすじ

”最終学年を迎えた《私》は卒論のテーマ「芥川龍之介」を掘り下げてく一方、田崎信全集の編集作業に追われる出版社で初めてのアルバイトを経験する。その縁あって、図らずも文壇の長老から芥川の謎めいた言葉を聞くことに。《あれは玉突きだね。……いや、というよりはキャッチボールだ》ーー王朝物の短編「六の宮の姫君」に寄せられた言辞を巡って、《私》の探偵が始まった……。”

 

The First Line 

水色の空に、太陽がまぶしい。

 

北村薫著『六の宮の姫君』を読みました。

 

 

この小説は、芥川龍之介を始めその時代の文学が好きな人が読んだらめっちゃ面白いと思う。この小説そのものが、「六の宮の姫君」卒論になってるみたい。

内容が文学に特化してるから、純粋にミステリを求めている人には物足りないというか、難しすぎてわからないと思う。僕もその1人。出てくる人物の名前が辛うじてわかる程度で、読むん難しすぎた。

《私》シリーズは、日常のささいな「なぜ?」に焦点を当てて推理していくとてもライトなミステリながら、小説自体はライトではなくてしっかりと文学的で読み応えがあるから面白い。

大学時代を含めて、もっと自分の世界を持っておいたらもっと楽しかったんやろな。

 

 

好み: ★★☆☆☆☆

 

六の宮の姫君 (創元推理文庫)

六の宮の姫君 (創元推理文庫)