読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説の浮かぶ空

日々読んでいく小説の感想を自由気ままに綴っていきます。

そして扉が閉ざされた  岡嶋二人 著

岡嶋二人

 

そして扉が閉ざされた (講談社文庫)

そして扉が閉ざされた (講談社文庫)

 

 

あらすじ

”富豪の若き一人娘が不審な事故で死亡して三ヶ月、彼女の遊び仲間だった男女四人が、遺族の手で地下シェルターに閉じ込められた!なぜ?そもそもあの事故の真相は何だったのか?四人が死にものぐるいで脱出を試みながら推理した意外極まる結末は?極限状況の密室で謎を解明する異色傑作推理長編。”

 

The First Line

”最後の記憶は、ラブシートの背に掛けられた白いレースのカバーだった。”

 

岡嶋二人著、『そして扉が閉ざされた』を読みました。

 

 

ずっと読んでみたいと気になっていた小説。

正直、あれ?と思った。ずっと読みたいリストに挙げていて、ようやく読んでみて思わずハードル上げすぎたのか。個人的にはあまり面白くなかった。

閉ざされた核シェルター内での極限状態。その中で、事故の謎を追求するにつれて追い詰められる4人。その緊迫感はとても伝わってきた。いろんなことが思いだされながらも結末が読めない。

もっと斬新なトリックが使われているかと思った。推理は論理的で楽しいけれど、ゴールはけっこう単純。だからか拍子抜けした。

この物語、劇で使われたら楽しそう。この緊迫感は実際に感じることでますます面白味が出る気がする。

 

 

好み: ★☆☆☆☆☆