読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説の浮かぶ空

日々読んでいく小説の感想を自由気ままに綴っていきます。

雀蜂  貴志祐介 著

 

雀蜂 (角川ホラー文庫)

雀蜂 (角川ホラー文庫)

 

 

あらすじ

”11月下旬の八ヶ岳。山荘で目醒めた小説家の安斎が見たものは、次々と襲ってくるスズメバチの大群だった。昔ハチに刺された安斎は、もう一度刺されると命の保証はない。逃げようにも外は吹雪。通信機器は使えず、一緒にいた妻は忽然と姿を消していた。これは妻が自分を殺すために仕組んだ罠なのか。安斎とハチとの壮絶な死闘が始まった――。最後明らかになる驚愕の真実。ラスト25ページのどんでん返しは、まさに予測不能!”

 

The First Line

”真っ暗な野原を歩いている。”

 

貴志祐介著、「雀蜂」を読みました。

 

 

驚愕のラストが気になって読んでみた。角川ホラー文庫からの出版やけれども、ホラーではない。

ミステリーの定番シチュエーション、雪山山荘。でも今回は人vsスズメバチ。読み始める前、ついついスズメバチ側はせいぜい3匹程度やと思っていたから、あまりの多さに少し興ざめ。こんなん刺されるのも時間の問題やん。どこにいるかわからない緊迫とした状況という要素は薄かったかな。

でも読み進めていくと、やはり人vs人に。たしかにラスト25ページぐらいから180度の方向転換。そして予測は不能。でも、正直おぉ!とはあまりならなかったかな。なるほど。ぐらい。

読み終えてからもう一度最初のページを見てみると、なかなかに面白い。

ハチには気を付けましょう。

 

 

好み: ★★☆☆☆☆