読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説の浮かぶ空

日々読んでいく小説の感想を自由気ままに綴っていきます。

セカンド・ラブ  乾くるみ 著

 

セカンド・ラブ (文春文庫)

セカンド・ラブ (文春文庫)

 

 

あらすじ

”1983年元旦、僕は、会社の先輩から誘われたスキー旅行で、春香と出会った。やがて付き合い始めた僕たちはとても幸せだった。春香とそっくりな女、美奈子が現れるまでは……。清楚な春香と大胆な美奈子、対照的な二人の間で揺れる心。『イニシエーション・ラブ』に続く二度読み必至、驚愕の「恋愛ミステリー」。”

 

The First Line

”主役のための特別な通路などは設けられていない。”

 

乾くるみ著、「セカンド・ラブ」を読みました。

 

 

あまり書くとネタバレになりかねないから手短に。

前作に続き、今作も最後の最後で内容がガラッと変わる。このテクニックは魔法そのもので、乾さんすごいなと思う。

読み終えて序章読んだとき、一番怖かった。そういうことかと。少しわかりずらいけれど、最後の2行でミスリードなければ意味がわかるはず。目玉のトリックもアシストにすぎない。

終盤にさしかかっても全くと言っていいほど盛り上がりがなく、ごく普通の恋愛小説のはずだった。でも、その間も伏線は張られていて、前作のこともあって注意深く読んでいても最後にやられてしまう。

恋愛に初心な盲目の姿、これぞ人間やと思った。僕は正明に同情する。

 

 

好み: ★★★★★☆