読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説の浮かぶ空

日々読んでいく小説の感想を自由気ままに綴っていきます。

夜明けの街で  東野圭吾 著

東野圭吾

 

夜明けの街で (角川文庫)

夜明けの街で (角川文庫)

 

 

あらすじ

”不倫する奴なんて馬鹿だと思っていた。ところが僕はその台詞を自分に対して発しなければならなくなる――。建設会社に勤める渡部は、派遣社員の仲西秋葉と不倫の恋に堕ちた。2人の仲は急速に深まり、渡部は彼女が抱える複雑な事情を知ることになる。15年前、父親の愛人が殺される事件が起こり、秋葉はその容疑者とされているのだ。彼女は真犯人なのか?渡部の心は揺れ動く。まもなく事件は時効を迎えようとしていた……。”

 

The First Line

”不倫する奴なんて馬鹿だと思っていた。”

 

東野圭吾著、「夜明けの街で」を読みました。

 

 

東野圭吾さんの小説は、ほんとに無駄なところがないから好き。ページ数は平均的やのに、密が濃いから読み応えがある。

渡部の心の移り変わりがすごくリアルに伝わってきて、恋に溺れていく様が実際目の当たりにしているかのように感じ取れた。哀れで、でも恋に必死で。恋は盲目の典型的な例。

不倫に始まり不倫に終わる。最後の最後で思わずゾッとした。この小説読んだら不倫しようとはよう思えん。

不倫がベースにはなっているけど、しっかり事件と関連していて、両方が中途半端になっていないから読んでいても飽きない。

僕は浮気を一概に否定できない考えを持っているけど、不倫はあかんなと思う。別に浮気経験あるから賛成とかではなくて、浮気には浮気の物語があって、その中で生きている人もいるからその人が生きている限りは全否定はできない。心が浮つくのは人間やししゃーない。でも、倫理に反するんはあかん。所帯を持つからにはそれなりの覚悟と我慢は必要。家庭第一。これ、絶対。

女性は強い。そして怖い。敵いません。

 

 

好み: ★★★★☆☆