読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説の浮かぶ空

日々読んでいく小説の感想を自由気ままに綴っていきます。

龍神の雨  道尾秀介 著

 

龍神の雨 (新潮文庫)

龍神の雨 (新潮文庫)

 

 

あらすじ

”添木田蓮と楓は事故で母を失い、継父と三人で暮らしている。溝田辰也と圭介の兄弟は、母に続いて父を亡くし、継母とささやかな生活を送る。蓮は継父の殺害計画を立てた。あの男は、妹を酷い目に遭わせたから。そして、死は訪れた。降り続く雨が、四人の運命を浸してゆく。彼らのもとに暖かな光が射す日は到来するのか?あなたの胸に永劫に刻まれるミステリ。大藪春彦賞受賞作。”

 

The First Line

”「今日、お兄ちゃんより帰り遅くなるからね」添木田蓮が台所のテーブルでテレビの気象情報を見ていると、妹の楓が玄関で振り返った。”

 

道尾秀介著、「龍神の雨」を読みました。

 

 

うまい具合に騙されて、展開を読めたとき思わずおぉ~とつぶやいてしまった。「向日葵の咲かない夏」の衝撃を覚えていたから覚悟はしててんけどな。ただ、結末が僕の嫌いなバタバタパターン。

親を失い、哀しみを抱える兄弟たち。それぞれの複雑な家庭環境とそれぞれの心情が、天気に反映されてて終始暗い雰囲気に包まれていた。一度も雨あがらんかったね。雨さえなければ、すべてが良い方向に向かっていたんかな。継父と継母の思いにも注目。

思い込みって怖い。思い込み一つで殺意も芽生えるし、思い込み一つで相手を否定することは容易。信じるのは難しいけど、疑うのは簡単。その時の気持ちの問題もあるけど、これは仕方がないことなんかもな。思い込みが怖いってことを知っているだけでも、だいぶ真実を見られるようになると僕は思う。

「青の炎(貴志祐介 著)」と設定が少し似ていた。

 

 

好み: ★★★★☆☆