読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説の浮かぶ空

日々読んでいく小説の感想を自由気ままに綴っていきます。

プリズン・トリック  遠藤武文 著

遠藤武文

 

プリズン・トリック (講談社文庫)

プリズン・トリック (講談社文庫)

 

 

あらすじ

”市原の交通刑務所内で、受刑者石塚が殺され、同所内の宮崎が逃亡。遺体は奇妙にも、前へ倣え、の姿勢をとっていた。完全な密室で起きた事件は、安曇野を舞台にした政治汚職にまで波及していく。単行本未収録のある人物からの手紙を収めた、最強のトリックミステリー。第55回江戸川乱歩賞受賞作。”

 

The First Line

”舎房のスピーカーがラジオを流し始めた。”

 

遠藤武文著、「プリズン・トリック」を読みました。

 

 

まぁ話が散らされてた。話が行ったり来たりで、最後にはなんとかつながったけどいまいち腑に落ちない。終章があった分まだ明らかにされたけど、あの結末は納得いかんし、トリックを推してる割に雑に扱われてる気がした。斬新なトリックやけど、少し無理あるかな。

刑務官とか警察官が主役の小説は、公的なトリックより私的な心情描写が多くて、さらに重たいから読んでて飽きる場合がある。今回はその典型的パターン。

警察官が無能すぎた。

 

 

好み :★☆☆☆☆☆