読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説の浮かぶ空

日々読んでいく小説の感想を自由気ままに綴っていきます。

水車館の殺人  綾辻行人 著

 

水車館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

水車館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

 

 

あらすじ

”古城を思わせる異形の建物「水車館」の主人は、過去の事故で顔面を傷つけ、常に仮面をかぶる。そして妻は幽閉同然の美少女。ここにうさんくさい客たちが集まった時点から、惨劇の幕が開く!密室から男が消失したことと、一年前の奇怪な殺人とは、どう関連するのか?驚異の仕掛けをひそませた野心作。”

 

The First Line

”……そして、その嵐の夜は夜明けを迎えようとしていた。”

 

綾辻行人著、「水車館の殺人」を読みました。

 

 

久々の本格推理小説。余計な肉がなくて、また緻密なトリックが面白かった。仮面→……という推理小説のお決まりは読む前から予測してたけど、それはまぁ読んでのお楽しみ。

最後まで読んでみると、所々に伏線がちゃんとあることに気づく。少し悔しい。また、現在と過去の行き来にも注目。

推理小説は読んだ後疲れますね。ただ、たまには良い。こんな緻密な物語よく思いつくよなって毎回思う。

 

 

好み :★★★★★☆