読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説の浮かぶ空

日々読んでいく小説の感想を自由気ままに綴っていきます。

密室殺人ゲーム・マニアックス  歌野晶午 著

 

密室殺人ゲーム・マニアックス (講談社文庫)

密室殺人ゲーム・マニアックス (講談社文庫)

 

 

あらすじ

”〈頭狂人〉〈044APD〉〈axe〉〈ザンギャ君〉〈伴道全教授〉。奇妙なハンドルネームを持つ5人がネット上で仕掛ける推理バトル。出題者は実際に密室殺人を行い、トリックを解いてみろ、とチャットで挑発を繰り返す。謎解きゲームに勝つため、それだけのために人を殺す非情な連中の運命は、いつ尽きる!?”

 

The First Line

”パソコンのディスプレイの中に、小型カメラの映像が映し出されている。”

 

歌野晶午著、「密室殺人ゲーム・マニアックス」を読みました。

 

 

トリックマニアックすぎな。こんなん解けるわけないやろ、って思ってたけど、最後の最後で大逆転。前作読んでたから余計に、見事に騙された。

チャット内の会話まるで中二。普段やとイラつくところやけども、読みやすいから本の中では許す。

人殺しは、あかんで。密室トリック思いついたなら、現実で試さんとぜひ小説書いてください。

 

 

好み :★★★☆☆☆